News
体重を気にする女性

ダイエットをするのであればやはり食事の内容は重要になってきます。
食事内容を変えるダイエット方法として、主にごはん・パン・麺類などを制限する、糖質制限ダイエットとがあります。
極端な糖質制限は危険ですが、糖質制限ダイエットは誰でもできるということもあり注目を集めています。

また、食事を制限しないダイエットを行っていたとしても、例えば食べる順番であったりメニューの内容を気をつけるだけでもダイエット効果を得ることができます。
ダイエットの方法にもよりますが、食事を制限してしまうとその反動からリバウンドしやすい体質になってしまう可能性も高く、さらにはストレスを感じて精神的に辛く感じることもあるでしょう。
ですから健康的にダイエットをするためには、食事の取り方が非常に重要になってくるのです。

身体が活動するためにはどうしてもある程度のカロリーと栄養を摂取する必要があります。
カロリーの摂取を我慢すれば、体重は落ちるかもしれませんが、同時になくなってほしい脂肪だけでなく必要な筋肉まで落ちてしまいます。
そうなると基礎代謝も減ってしまうので、痩せにくくて太りやすい体質になってしまいます。
また脂肪を燃焼したり代謝をよくするためには、バランスの良い栄養が必要です。
栄養が偏ってしまえば大量のバランスも崩れてしまいます。
なのでダイエット中といえど食事というのは非常に大切なのです。

ダイエットだけでなく健康にもよいのは、野菜が多めで脂肪分が少なく塩分が控えめな食事です。
それから食事の量も夜にしっかりと食べるのではなくて、夜は少なめにして活動してエネルギーを消費しやすい朝やお昼にしっかりと食べるようにすると、太りにくくなります。
またダイエットをすると食事だけでなく水分まで控えてしまう人がいますが、水分が不足すると余計に痩せにくくなってしまうので、朝起きた時に水を飲んだり、喉が渇く前に水を補給してあげるのも効果的です。
このような食事制限が難しいという人には実は痩せる薬であるゼニカルという医薬品がおすすめです。

ゼニカルを使う前に知っておくべきこと

ゼニカルは脂肪を30%もブロックしてくれる肥満治療薬ですが、使用前に知っておくべきことがあります。
それは脂溶性のビタミン・カロチンなどの吸収性が低下してしまうことです。
ゼニカルは脂肪の吸収をブロックするので、油に溶けやすい栄養素の吸収率が低下するので、この問題を解決するにはビタミンやカロチンを多めに摂るしかありません。
市販のサプリを利用すれば問題ないので、サプリに関しては副作用と言えるほど深刻なものではないでしょうが、ゼニカルの副作用としては、排便回数が一時的に増えることやまれにアレルギー症状が出ることなどがあります。
成分のオーリスタットにアレルギー反応を示す方もいるので、はじめてゼニカルを服用する方は医師に相談したほうがよいでしょう。

ゼニカルの使用で注意したい点には依存しすぎないこともあります。
服用することで以前よりも体重が増えてしまう方もいるのです。
本来であれば脂肪を30%もカットするので、確実に痩せやすくなるはずですが、ゼニカルを服用したことに安心して、大食いに走ってしまう方がいます。
確かに少しくらい多めに食べても太りにくくなりますが、許容量を超えて暴飲暴食しては意味がありません。
脂肪の元となるのが食事である以上、食べる量はコントロールする必要があります。

脂肪の摂取量が非常に多い方は他のカロリーに置き換える対策も必要でしょう。
例えば、揚げ物の食べる量を減らして、御飯を増やすのです。
御飯の成分は炭水化物が中心なので、御飯で満腹感を促すことで脂肪の摂りすぎを制限できます。
理想的なのは野菜をたくさん食べるようにして、他の食材を減らすことでしょう。
1日350g以上の野菜を食べるようにすれば、ゼニカルの効果も出やすくなります。

ゼニカルが日本で認可されないのはなぜ

ゼニカルは脂肪の吸収を阻害してくれる肥満の治療薬で、脂肪分をカットしてくれますので緩やかに痩せることができ、また脂肪の吸収阻害の働きしかありませんので身体への負担も小さく安全なダイエットができるとされています。
効果が高い薬ではあるものの、日本では認可されていない薬なのです。
外国では正式に治療薬として処方されている事実がありますが、しかし日本では安全性の観点から認めていません。
基本的には身体への負担が小さく安全とされている医薬品ではあるものの、服用することによって副作用が発生するリスクを懸念されているのです。
発生件数としては多くないのですが稀に肝障害が起こることもありますので、そういったリスクもあって日本では認可していない現状があります。

しかし日本では未認可のゼニカルでも手に入れることは可能です。
入手方法のひとつとしてはまず取り扱いがある病院で処方をしてもらう方法です。
未認可の薬ですから扱っていないところもありますが、しかしながら美容外科といった医療施設ですと扱っていることがありますので相談をしてみると良いでしょう。

もうひとつの方法としては、ネット通販を利用してゼニカルを買う方法があります。
国内で認可されていない薬でも個人で輸入することは全く違法ではないので、使用することにも問題はありません。
ですから海外から取り寄せて購入するケースも少なくないのです。

輸入をする場合は個人輸入の代行業者もありますので外国語ができない場合でも安心です。
ネットを使用して通販感覚で買うことができますので苦労せずに手に入れることができます。

ただし個人輸入の場合は自己責任になることを知っておかなければいけません。
健康を害するようなことがあっても全て自分の責任になりますのでよく考えて利用した方が良いでしょう。